カテゴリー: myblog

2011年 震災対策調査特別委員会-06月16日

芳賀委員
 今日は、お話、ありがとうございました。
 CO2のことについてお聞きしたいのですが、地震前に原発が動いていた時のCO2の量と、今回、原発等々が止まって、火力発電所が主にどんどん稼働を始めているという状況、それプラスその節電がある程度今進んでいるという状況の中で、CO2のパーセンテージの動きみたいなものを把握しているようでしたら教えていただければと思います。
増田参考人
 私どもが電気をお送りするのには、従来、原子力とか火力、水力等、ベストミックスということで組み合わせていると。できるだけ従来は、原子力とか再生可能エネルギー、自然エネルギーを増やして、CO2の少ない電気をお届けするという方向で努めてきておりました。今回については、具体的な数字は持ち合わせていないのですけれども、1キロワットアワー当たりにCO2が何トン含まれているかというのをCO2原単位ということで管理してきてございます。震災前には、2009年ぐらいでございますけれども、これは324グラムぐらいだったのですけれども、実は2007年に中越沖地震で柏崎刈羽全号機が止まったときに、かなり火力に依存をしてございます。そのときに、先ほどの324グラムと申し上げたのが425グラムということで、原子力がLNG等の火力に変わりますと、1キロワットアワーをつくるときのCO2の排出原単位がかなり大きくなります。
芳賀委員
 皆さん、環境とかにすごく注目をしていると思いますので、是非ともCO2の削減という観点から節電を行ってもらう等との、地球環境のエネルギーを有効に使っていくというところをお願いしたいとともに、もう1点お伺いしたいのは、今まで節電をしてなるべく計画停電がないように、それで計画停電を行って、最悪、大停電が起こったときにどうしたらいいのかというリスクヘッジの部分について、なかなか私も情報をつかんでおりませんで、大停電が起こったときに、具体的に各々で停電が起こってしまった地域はどういった対応をすればいいのか。それから、そういった大停電が起こったときに何時間ぐらいで回復をしていくのか。そういった最悪の事態のそのときの状況というのは、どう想定されるかということをお聞きしたいと思います。
増田参考人
 計画停電を通り越して、更に最悪、大停電が起こった場合という話でございますけれども、例えば夏の雷で、配電線に雷が落ちて、我が家が停電になると、1時間ぐらい止まって、大変御不便をお掛けしたといったようなことがあろうかと思います。例えば御家庭とか、あるいはもうちょっと規模が大きいところもそうですが、局所的にはそういった停電の経験もあるかと思います。それが、どれだけ範囲が広いか、あるいはそれで相乗的に社会的影響が大きいかというところが違いかと思います。
 それに対して、病院はもとよりですが、やはりそういう停電というのは、雷はちょっとあれですけれども、あり得るということから、ふだんから私どもは非常用発電機の設置等をお願いしてございます。それから御家庭等につきましては、今回の計画停電のときにも、停電時の備えについて注意喚起といいますか情報提供させていただいておりますけれども、そういった停電のときにこういったものを用意しておかなければいけないとか、そういった備えをお願いしてございます。したがいまして、大停電という御質問なのですけれども、大停電にかかわらず停電というのは非常に甚大な影響がございますので、それを少しでも避けていただくような、非常に勝手な言い方でございますが、自衛措置という形を是非、更にお願いさせていただきたいというふうに考えております。