カテゴリー: myblog

2011年 環境農政常任委員会-10月11日

芳賀委員
 前回の常任委員会で私が聞いた部分の知事の発言の要旨というのが、神奈川新聞にしか出ていないんですが、その部分でお聞きしたい部分がありまして、エネルギー構想のところです。2020年に20%というのは知事として専門家と精査した数字というふうに知事はおっしゃられているんですが、私が前回常任委員会で質問をさせていただいた時には、東京電力を例に出して専門的、技術的の担保はどうなっているんですかとお聞きした時に、今回議会に報告するのは第1弾で、これはアッパーだとお答えをいただいたと思ったんですが、その部分についてお聞きしたいと思います。
新エネルギー・温暖化対策部長
 この数値目標はもちろん我々とずっと議論をしてきました。
 そうした中で、知事はいろいろな学識経験者の方にも御相談をされた中で、最終的には御自分で御判断をされたということでございますので、そうした意味ではいろいろな御意見を伺いながらという意味で知事はおっしゃったと思います。
芳賀委員
 ということは、県の当局側としてはその専門家と精査した数字に関して何か裏付けをとったとか、そういった部分ではなくて、知事が勝手にやったというような認識でよろしいでしょうか。
新エネルギー・温暖化対策部長
 我々はなぜ20%か、16%ないし4%という内訳なのかということについて、その内訳等をお示しをしながら知事と相談をしてきたところでございます。
 そうした中で知事は、我々の意見として聞いて、さらに外部の意見もいろいろ聞きながら、では最終的にはそれでいきましょうというふうに決定したところでございます。
芳賀委員
 では、知事とのオーソライズがとれて、この20%という目標に関しては今後修正が、当面ないというふうに考えてよろしいでしょうか。
新エネルギー・温暖化対策部長
 そのように考えております。
芳賀委員
 質問を終わります。